カメラマン来襲!我が家の写真撮影をしてもらいました

今日はちょっと楽しみでもあった我が家の写真撮影の日でした。

ですが、なかなか大変な日でありました。

 

スポンサーリンク

 

いつホームページに載るの?

フリーダムで家を建てました!と言っておきながら、フリーダムのHPには我が家の写真が載ってなかったんですね。

2016-07-12_091148

ヤラセか?

なんて思っていた方もいるでしょうか(笑)

 

載ってるわけありません。まだ写真も撮ってなかったんですから(;´∀`)

写真を撮るのは、入居してから、だいたい半年~1年後ぐらいが多いようです。

うちの場合は1年2ヶ月後。

今まで1回そんな話がありましたが、忙しいカメラマンさんの都合と合わず、伸びていました。

 

 

草間彌生 似(?)の女性カメラマン来襲!

20160710-01

独特の世界観を持たれた凄腕カメラマンが訪問です。

草間彌生さんに似ているというのは、どこかのブロガーさんに言われ、SNSで話題になったとか。

うちの設計士さんご指名のカメラマンさんだそうです。

 

 

写真撮影は結構大変!

20160710-03

何が大変かというと、

写真には入らないものたちの撤去、移動です。

 

こいつは写真にはいらない、どかす!とかが厳しく判断されます(笑)

小物がちょっと邪魔!程度は全然覚悟していましたが、ラグをどかす、棚をどかす、レイアウトを変えるなどなど(汗)

 

住宅のキレイな写真の裏側では、住人の方のこんな苦労があるんですね。

そして、普段工務店からは「先生」と呼ばれる設計士さんも、カメラマンの前ではただの助手。テキパキといろんな邪魔なものをどけていました(笑)

 

うちはどかすものが本当に少ない方だと言われましたが、

最悪クラスな例では、

ベビーベッドを庭へ出す

とか

パパが2日がかりで張った階段の転落防止用ネットを全部外す

とか…

_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

 

でも、この写真は後日もらえるそうです。

もらったらまたフリーダムHPに載ったURLも含めて公開したいと思います。

 

 

仕事道具

20160710-02

自分の仕事がらもあり、専門職の人の話を聞くの好きなんですよね。

フリーカメラマンになって15年のベテランさん。そんな彼女の仕事道具。

やらしくも楽天で見てみると、本体だけで私の一眼レフの5倍ぐらいのお値段~(*゜∀゜)ノ

↑本体のみです。

もちろん、レンズも別売り。高いなぁぁぁ。

でも、やっぱり専門職ってカッコイイです。

うちの子にも何か一つを極めた仕事についてほしい。そう思います。

 



コメントを残す