我が家の初めての習い事。スイミングスクール初日!

今日の記事は完全に我が家のメモ書きなので、読んでもらえると思わず勝手に走り書きしたいと思います。

恥ずかしがり克服のためスイミングスクールに入れてみたで書きましたが、今日がスイミングスクールの初日。

2人の子供らがグズるのをかなり警戒しながらとなりましたが、結果うまくいきました。

はじめての習い事に不安な方は多少なりとも参考になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

同じ時間帯に家族で練習に行く

行きたくない!とぐずるのを避けるために私が考えたのが、全く同じ時間帯、同じ場所に、家族で遊びがてらプールに行くことでした。一度免疫をつけさせるという作戦です^^;

そこはスクールと一般の人がコースを分けて利用するタイプの施設なので、こういうことができたんですが、実際に真横で見学することができました。

 

上の子は極度の恥ずかしがりに加えて保育園のプール自体が大嫌いなため、案の定

「行きたくない!」

なんてぐずり気味でしたが、楽しいことをたくさん想像させて連れていき、プールではいっぱい本気で遊んでとにかく褒めちぎり(笑)、当日には潜って目を開けるところまでできました。

「またプール行きたい!」

という気持ちにまで変化させることができましたので同じような方は是非やってみてください^^

 

初日の今日は親が一緒ではないということでやっぱり

「行きたくない!」となりましたが、やっぱり褒めまくってなんとか連れていき、教室が始まっても最初は泣いていたようですが、妹に励まされながら(!)なんとかやったようです。

 

スイミングスクールでは

  • 恥ずかしがり克服
  • 自信を持てるように⇒ひいては発表会で歌える自信がつくように
  • 弱気味な肺機能UP
  • 全身の筋力と体力UP

こんなところを狙っています。

 

特に長男の一番の悩みは、普段は元気なくせに、保育園の発表会とかになると何もやらないこと。

運動会も発表の歌も、クラスで一人だけ何もせず、、、かえって目立ってしまっています。

人に見られている

という感覚に耐えられないようです。

 

半年後で一応契約終了ですが、ここでどうなっているか。日頃も褒めながら、自信をつけていってもらいたいなと思います。

 

追記

3回目で、下の子が離れるのを少し嫌がりました。このときはなんとお兄ちゃんが手を引き連れていってくれました!

3回目で二人とも慣れたようで、もうこれ以降は心配もなさそうな感じになってきました。

プールが終わると必ず「今日は何したの?」と聞き、

必ず褒めることを心がけています。

 



コメントを残す