トマトを植えてみた。育て方でわからん言葉をメモ

うちの裏手には使い切れていない畑があるので、なんとか使ってみたいと思い、娘が大好きなトマトを植えてみることにしました。

 

スポンサーリンク

20170422-04

トマトの苗を買ったホームセンターで、「トマトの育て方」なる紙をゲットし、植えるところまでやりました。

が、とにかく家庭菜園すらも素人なので、娘からの楽しみを叶えてあげるためにも、分からない言葉を調べてメモ書きです。

 

受粉

トマトの花内で受粉させる。人の手で揺すってやると花粉を出させて受粉を助長することができる。

 

ホルモン剤

日産トマトトーンスプレー

開花した花だけに、スプレーする。楽天レビューでは実がおいしくなったとの情報も。

花にかけるもので、朝か夕方、涼しいときに行う。

 

わき芽かき・摘果・摘芯

まったく知らない言葉。

このサイトを参考にさせていただきました。

トマトの栽培方法

 

わき芽かき

付け根から出てくるわき芽は全て手で取る。1週間に1度は見る。

丈夫なものは植えるとまたそこからトマトを増やすことができる。

晴れた日の午前中にやるのがベストのよう。

 

摘果(大玉のみ)

1房につく実の数を4~5個にするために形の悪い、小さい実から摘み取る

 

摘芯

先端を摘むという意味。どんだけでも伸びるので、支柱の先端まで草丈が伸びたらが最適。

収穫目標の1番上の花が咲いたらその上の2、3の葉のかたまりを残してその上を切る。

 

 

追肥

1回目:1番にできた実がゴルフボールぐらいになったら化学肥料大さじ2を足す。

2、3回目:1回目以降20日おきぐらいに追肥する。

 

そしてホームセンターを見に行ったときにたまたま見つけたトマト専用肥料みたいなのがあったので、これなら間違いないと買ってみました。

SUN & HOPE(サンアンドホープ) トマト・なす・きゅうりの肥料

 

今年こそはちゃんとしたトマトを育てて、娘にいいところを見せよう。

 

 



コメントを残す